[C++] 72 パターン一致パスのリスト生成 glob.h 

[M1 Mac, Big Sur 11.6.7, clang 13.0.0, NO IDE]

ファイル検索アプリに新機能を追加しました。

glob.hを使って、Pythonのglob.glob()と同じようにパターン一致パスのリストを作成できるようにしました。このアプリでは*.*でディレクトリ内の全てのファイルパスをリストにします。

vector<string>をconst char*に変換するのに少し手間がかかりました。後々のために関数にしておきたいです。

またFl_Multiline_Outputが右端で折り返してくれないという不具合が発覚しましたが、ALL選択で全てコピーできるためとりあえずこれでOKとします。

#include <glob.h>

stringstream paths;

vector<string> get_file_path(string dir) {
    glob_t globbuf;
    vector<string> files;

    glob((dir + "/*.*").c_str(), 0, NULL, &globbuf);

    for (int i = 0; i < globbuf.gl_pathc; i++) {
        files.push_back(globbuf.gl_pathv[i]);
    }

    globfree(&globbuf);
    return files;
}

vector<string> files = get_file_path(string(dir_char));

for (size_t i = 0; i < files.size(); ++i) {
    if (i == 0){
        paths << "{" ;
        paths << "'" << files[i] << "'";
    } else {
        paths << ", " << "'" << files[i] << "'";
    }
}
paths << "}";
output_line->insert((paths.str()).c_str());

参考サイト

[C++] 71 FLTK : スクロールバーの配置 Fl_Scroll

[M1 Mac, Big Sur 11.6.7, clang 13.0.0, NO IDE]

Fl_Multiline_Outputにスクロールバーを配置しました。

コード上はまずFl_Scrollを配置して、それよりもサイズの大きいFl_Multiline_Outputを当てはめる形になります。驚くほど簡単です。

ただしこの方法では未出力状態でもスクロールバーが表示されます。Fl_ScrollとFl_Multiline_Outputを同じサイズにすればエリア外表示が発生した時点でスクロールバーが出現するのではと考えましたが、スクロールバー自体が設定できませんでした。

この点については今後の課題とし、先に進みます。

Fl_Scroll scroll(10,210,580,263);
output_line = new Fl_Multiline_Output(10,210,581,264,""); // 縦横1ピクセルだけ大きくした
output_line->textsize(12);
scroll.end();

[C++] 70 ファイル検索アプリ : 標準出力の取得関数

[M1 Mac, Big Sur 11.6.7, clang 13.0.0, NO IDE]

前回の続きです。

標準出力を取得する関数を作成しました。個人的に使用頻度は高くなりそうです。

製作中のアプリは今のところたった250KBの超軽量です。リソースが潤沢な時代ではありますが、軽さと速さへの追求はやめられないです。

ちなみに近々統合予定のJavaScriptアプリ(ファイルを削除してディレクトリツリーを作るだけの単機能)は210MBの超重量です。単機能なのに800倍とは恐れ入ります。

もうGUIアプリ作成についてはこのままJavaには戻らず、C++とObjective-Cにどっぷり浸かりそうです。

void func_stdout(string cmd){
    FILE* fp = popen(cmd.c_str(), "r");

    char buffer[512];
    while (fgets(buffer, sizeof(buffer), fp) != NULL) {
        output_line->insert(buffer);
        std::cout << buffer;
    }
    pclose(fp);
}

[C++] 69 ファイル検索アプリ : 標準出力の取得 popen関数

[M1 Mac, Big Sur 11.6.7, clang 13.0.0, NO IDE]

ファイル検索アプリの検索結果を標準出力から取得し、Fl_Multiline_Outputに表示させました。

標準出力をわざわざ取得しようとする方はあまり多くないようで、調査に少々手間取りました。最初はGCC限定の方法をそれと気づかず試したために寄り道してしまいました。

これでメインのGUIとコンソールを一体化させることができました。

あとはスクロールバーを配置して、新機能を追加します。

ここ1週間ほどゲームプログラミングの学習で疲弊していましたが、やはり受け身の勉強よりも作りたいものを好きなように作る方が断然楽しいですね。

他人様の書いたコードを読解して手を入れるのは、例えNO IDE環境でもつらいものがあります。ビルドが異様に遅くてストレスフルなIDE環境でしたら早々に離脱しているでしょう。

#include <cstdio>
#include <cstdlib>
#include <iostream>

stringstream cmd;

const char* grep_char = grep_input->value();
cmd << "grep -rI --ignore-case " << string(grep_char) << " " << string(dir_char);
std::cout << cmd.str() << endl;

FILE* fp = popen((cmd.str()).c_str(), "r");

char buffer[1024];
while (fgets(buffer, sizeof(buffer), fp) != NULL) {
       output_line->insert(buffer);
       std::cout << buffer;
}
pclose(fp);

[C++] 68 動的ライブラリdylibの作成

[M1 Mac, Big Sur 11.6.7, clang 13.0.0, no IDE]

前回[C++] 67で作成した関数をsplitクラスにまとめて動的ライブラリdylibにしました。このファイルはプロジェクトとは別に外部クラス用のmylibディレクトリに保管します。dylibファイルはオブジェクトファイルと同等と考えると理解しやすいです。

ライブラリのヘッダファイルをincludeして、クラスをオブジェクト化すると、クラスのメンバ関数として使用することができます。

これで他のプログラムからもsplitクラスが利用可能になりました。

clang++ -dynamiclib -o split.dylib split.cpp -I/mylib/include
#ifndef SPLIT_H
#define SPLIT_H

#include <iostream>
#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <unistd.h>
#include <vector>

using std::string; using std::vector;

class split{
    
public:
// 文字列を文字列delで分割しリスト化する関数
vector<string> splits(string str, char del);

// 分割リストのstart番目からend番目までの要素を結合する関数
string splitjoin(string str, char del, int start, int end);

// 作業ディレクトリを変更する関数
int chCWD(string str, char del, int start, int end);
};

#endif
#include "split.h"

using std::string; using std::vector;

// 文字列を文字列delで分割しリスト化する関数
vector<string> split::splits(string str, char del) {
    int first = 0;
    int last = str.find_first_of(del);
 
    vector<string> result;
 
    while (first < str.size()) {
        string subStr(str, first, last - first);
 
        result.push_back(subStr);
 
        first = last + 1;
        last = str.find_first_of(del, first);
 
        if (last == string::npos) {
            last = str.size();
        }
    }
    return result;
}
// 分割リストのstart番目からend番目までの要素を結合する関数
string split::splitjoin(string str, char del, int start, int end){
    string result2;
    vector<string> list = split::splits(str, del);

    vector<string> list2;
    for (int i = 0; i < list.size(); i++){
        if (end < 0){
            end += list.size();
        }
        if (i >= start && i <= end) {
            list2.push_back(list[i]);
        }
    }

    for (int i = 0; i< list2.size(); i++){
        result2.append(list[i] + del);
    }
    return result2;
}

// 作業ディレクトリを変更する関数
int split::chCWD(string str, char del, int start, int end){
    string new_str = split::splitjoin(str, del, start, end);

    int rtn = chdir(new_str.c_str());
    return rtn;
}
# includeパス(-I)
INCLUDE = -I./include  -I/usr/local/include/FL -I/mylib/include

# ライブラリ直接パス(-l)
LIBRARY = -lpng16 -lz -ljpeg /mylib/lib/split.dylib
<該当箇所のみ>

#include "split.h"

split spt;

int main(int argc, char **argv) {

    vector<string> l = spt.splits(string(argv[0]), '/');

    // 作業ディレクトリを変更
    int rtn = spt.chCWD(argv[0], '/', 0, -2);
    cout << rtn << endl ;

[C++] 67 アプリ画像ファイルの有効パス その2 : 作業ディレクトリ変更

[M1 Mac, Big Sur 11.6.7, clang 13.0.0, no IDE]

実行ファイルのあるところに作業ディレクトリを変更して相対パスが使えないか検証しました。

実行ファイルのディレクトリの文字列を作成するために文字列分割関数と文字列分割/再結合関数を作りました。これらは後日ライブラリにする予定です。

検証の方は成功しました。手間は掛かりますが、作業ディレクトリを実行ファイルのディレクトリに変更することで相対パスでの画像ファイルの使用は実行ファイル、appファイル共に可能になります。

#include <FL/Fl.H>
#include <FL/Fl_Window.H>
#include <FL/Fl_Box.H>
#include <FL/Fl_PNG_Image.H>
#include <iostream>
#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <unistd.h>
#include <vector>

using std::string; using std::vector;
using std::cout; using std::endl;

Fl_Window* window;
Fl_Box* picturebox;
Fl_PNG_Image* pngimage;  

// 文字列を文字列delで分割しリスト化する関数
vector<string> split(string str, char del) {
    int first = 0;
    int last = str.find_first_of(del);
    vector<string> result;
 
    while (first < str.size()) {
        string subStr(str, first, last - first);
        result.push_back(subStr);
 
        first = last + 1;
        last = str.find_first_of(del, first);
 
        if (last == string::npos) {
            last = str.size();
        }
    }
    return result;
}
// 分割リストのstart番目からend番目までの要素を再結合する関数
string splitjoin(string str, char del, int start, int end){
    string result2;
    vector<string> list = split(str, del);

    vector<string> list2;
    for (int i = 0; i < list.size(); i++){
        if (end < 0){
            end += list.size();
        }
        if (i >= start && i <= end) {
            list2.push_back(list[i]);
        }
    }
    for (int i = 0; i< list2.size(); i++){
        result2.append(list[i] + del);
    }
    return result2;
}

int main(int argc, char **argv) {
    // 変更前の作業ディレクトリ確認
    char tmp[256];
    getcwd(tmp, 256);
    cout << "Current working directory: " << tmp << endl;

    // 実行ファイルのパスを出力
    cout << argv[0] << endl;

    // パスをスラッシュで分割しリストにする
    vector<string> l = split(argv[0], '/');

    // リストの内容確認
    int i = 0;
    for (const auto &item : l) {
        cout << i << " " << item << "; ";
        i++;
    }
    cout << endl;

    // リストの0番目から-2番目(最後から2番目)までの文字列を結合して新ディレクトリ作成
    string new_path = splitjoin(argv[0], '/', 0, -2);
    cout << new_path << endl;
    
    // 作業ディレクトリを変更
    int rtn = chdir(new_path.c_str());
    cout << rtn << endl ;

    // 変更後の作業ディレクトリ確認
    getcwd(tmp, 256);
    cout << "Current working directory: " << tmp << endl;

    Fl::set_font(FL_HELVETICA, "Osaka");
    window = new Fl_Window(100,100,360,220,"PLAIN");
    window->color(fl_rgb_color(131,204,210));

    pngimage = new Fl_PNG_Image("star.png");
    picturebox = new Fl_Box(20, 20, 120, 120);
    picturebox->box(FL_UP_BOX);
    picturebox->image(pngimage); 
    picturebox->redraw();  
    window->add(picturebox);

    window->end();
    window->show(argc, argv);
    
    return Fl::run();
}
Current working directory: /Users/[ユーザID]
/Volumes/DATA_m1/code/cpp/projects/plainPNG/bin/plain
0 ; 1 Volumes; 2 DATA_m1; 3 code; 4 cpp; 5 projects; 6 plainPNG; 7 bin; 8 plain; 
/Volumes/DATA_m1/code/cpp/projects/plainPNG/bin/
0
Current working directory: /Volumes/DATA_m1/code/cpp/projects/plainPNG/bin

[C++] 66 アプリ画像ファイルの有効パス SDL, FLTK

[M1 Mac, Big Sur 11.6.7, clang 13.0.0, no IDE]

ゲームプログラミング本のサンプルコードでappファイルを作成しようとするとアイコン以外の画像ファイルを認識できませんでした。このSDLと普段使っているFLTKで画像の有効パスを表にまとめてみました。

FLTKのappファイルで相対パスが使えない、すなわちappファイルの中に画像を入れて相対パスで使うことができないというのは衝撃です。appファイル内画像を絶対パスで捉え続けるのはあまり現実的ではありません。検証の結果は単に私のスキル不足が原因と思いたいところではあります。

FLTKでの検証例(星の画像を配置し表示可否を確認)
#include <FL/Fl.H>
#include <FL/Fl_Window.H>
#include <FL/Fl_Box.H>
#include <FL/Fl_PNG_Image.H>

Fl_Window* window;
Fl_Box* picturebox;
Fl_PNG_Image* pngimage;  

int main(int argc, char **argv) {
    Fl::set_font(FL_HELVETICA, "Osaka");
    window = new Fl_Window(100,100,360,220,"PLAIN");
    window->color(fl_rgb_color(131,204,210));

    pngimage = new Fl_PNG_Image("star.png"); // ファイルパスを変えて検証した
    picturebox = new Fl_Box(20, 20, 120, 120);
    picturebox->box(FL_UP_BOX);
    picturebox->image(pngimage); 
    picturebox->redraw();  
    window->add(picturebox);

    window->end();
    window->show(argc, argv);
    
    return Fl::run();
}

[Obj-C++] 01 Objective-C++への移行

[M1 Mac, Big Sur 11.6.5, clang 13.0.0, no Xcode]

C++の機能も使えるようにするため、Objective-CからObjective-C++へ移行します。

mファイルの拡張子をmmに変えるだけでOKです。coutで動作確認しました。

#include <Cocoa/Cocoa.h>
#include <iostream>

using std::cout; using std::endl;

int num = 1;

// Objective-C++
NSLog(@"Objective-C++ num %d",num);

// C++
cout << "C++ num " << num << endl;

--------------------------------------------------
出力
--------------------------------------------------
Objective-C++ num 1
C++ num 1

[C++] 65 FLTK : xlsx変換アプリ / MakefileからCMakeLists.txtへの移植

[M1 Mac, Big Sur 11.6.5, FLTK 1.3.8]

自製Makefileの生成するコマンドを見ながらCMakeLists.txtへ移植しました。

CMakeが作成したMakefileが生成するコマンドについては以下の行を追記して内容を確認できます。

set(CMAKE_VERBOSE_MAKEFILE ON)

Objective-Cのappファイルと同様、こちらもボタンを押下してもクラッシュしませんでした。自製Makefileではできない補完をしているのでしょう。

C++でappファイルに問題がないとなるとObjective-Cに戻って開発を進める必要がありません。

Cocoaアプリの統一感のある洗練された外観も捨てがたいので何か別のアプリで再チャレンジしたいところです。

cmake_minimum_required(VERSION 3.1)

# Project
Project(XlsxConvertor VERSION 1.0.0)
FIND_PACKAGE(FLTK REQUIRED)
FIND_PACKAGE(OpenGL REQUIRED)
find_library(COCOA Cocoa)

set(CMAKE_CXX_STANDARD 11)

# make時の生成コマンドをターミナルに表示する(デフォルトでは非表示)
set(CMAKE_VERBOSE_MAKEFILE ON)

# Info.plist
set(MACOSX_BUNDLE_BUNDLE_VERSION ${PROJECT_VERSION})
set(MACOSX_BUNDLE_COPYRIGHT "Copyright (C) 2022")
set(MACOSX_BUNDLE_INFO_STRING "Convert tool for XLSX")

# XlsxConvertor
add_executable(${PROJECT_NAME}
    MACOSX_BUNDLE
    ./src/XlsxConvertor.cpp
    ./src/process.cpp
    ./src/modalDialog.cpp
    ./include/process.h
    ./include/modalDialog.h
    )

set(INCDIR /include)
set(INCDIR ${INCDIR} /opt/homebrew/Cellar/libpng/1.6.37/include)
set(INCDIR ${INCDIR} /opt/homebrew/Cellar/fltk/1.3.8/include)
set(INCDIR ${INCDIR} /opt/homebrew/Cellar/jpeg/9e/include)
set(INCDIR ${INCDIR} /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.10/include/python3.10)
include_directories(${INCDIR})

set(LIBS dl)
set(LIBS ${LIBS} z pthread c++)
set(LIBS ${LIBS} /opt/homebrew/Cellar/fltk/1.3.8/lib/libfltk_forms.dylib)
set(LIBS ${LIBS} /opt/homebrew/Cellar/fltk/1.3.8/lib/libfltk_gl.dylib)
set(LIBS ${LIBS} /opt/homebrew/Cellar/fltk/1.3.8/lib/libfltk_images.dylib)
set(LIBS ${LIBS} /opt/homebrew/Cellar/jpeg/9e/lib/libjpeg.dylib)
set(LIBS ${LIBS} /opt/homebrew/Cellar/libpng/1.6.37/lib/libpng.dylib)
set(LIBS ${LIBS} /opt/homebrew/Cellar/fltk/1.3.8/lib/libfltk.dylib)
set(LIBS ${LIBS} /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.10/lib/libpython3.10.dylib)

set(LIBDIR /opt/homebrew/Cellar/jpeg/9e/lib)
set(LIBDIR ${LIBDIR} /opt/homebrew/Cellar/libpng/1.6.37/lib)
set(LIBDIR ${LIBDIR} /opt/homebrew/Cellar/fltk/1.3.8/lib)
set(LIBDIR ${LIBDIR} /usr/local/lib /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.10/lib)
link_directories(${LIBDIR})

target_link_libraries(${PROJECT_NAME}
    ${FLTK}
    ${OpenGL}
    ${LIBS}
    ${COCOA})

[C++] 64 FLTK : ドラッグ&ドロップ

[M1 Mac, Big Sur 11.6.5, FLTK 1.3.8]

Objective-Cのドラッグ&ドロップが今の私にはあまりにも難解なので、FLTKではどうやって実装していたか振り返ります。かなり簡単に実装できます。

FL_Boxでファイルをドロップする領域を指定し、ドロップされたファイルの情報をFL_Boxの引数で指定したFL_Inputに渡します。単純明快です。

Objective-Cのドラッグ&ドロップについては必須ではなく努力目標にして、FLTKアプリのCMakeLists.txt作成に優先して取り組むことにします。

同じ内容の実装でもC++(FLTK)とObjective-Cでこれだけ難易度が違うと難しい方を学ぼうとする気力がなかなかわきません。

Xcodeで書けばいいのですが、xibファイルやStoryboardを扱いたくないのでモチベが上がらないです。

<該当箇所のみ>

class Box : Fl_Box {
    Fl_Input* input_line2;

    public:
        Box(int, int, int, int, Fl_Input*);
    private:
        auto handle(int) -> int override;
};

Box::Box(int x, int y, int width_input, int height_input, Fl_Input* input) : 
    Fl_Box(FL_NO_BOX, x, y, width_input, height_input, "") {
    this->input_line2 = input;
    }

auto Box::handle(int event) -> int {
    switch (event) {
        case FL_DND_DRAG:
        case FL_DND_ENTER:
        case FL_DND_RELEASE:
            return 1;

        case FL_PASTE:
            input_line2->value(Fl::event_text());
            input_line2->textsize(12);
            input_line2->textfont(FL_HELVETICA);

            return 1;

        default:
            return Fl_Box::handle(event);
    }
}

int main(int argc, char **argv) {
    Box *box = new Box(0, 0, 360,220, input_line);
}