変数・定数修飾子の比較 var, let, const

JavaScript, Swift, Rustの変数と定数の修飾子を比較しました。

私にとってはどの言語も必要に迫られない限りは書くことはないでしょう。何と言いますか、varやletの語感が苦手で好きになれません。これらが頻出するコードを見るとめまいがします。デフォルトでどちらか非表示にならないものかと思ったりします。

また変数名の後にコロンとデータ型という書き方はVBAを思い出させるのでNGです。Pythonは例外です。

どうしてAppleはSwiftの定数をletにしてしまったのでしょうか。constにしてくれれば親近感が増したのですが。

Rustに関してはプログラマへの負担が大きい、ファイルサイズが大きい、コンパイルが遅い、Makefile・CMakeのスキルを活かせるのか不明、などの理由で今のところ導入を見合わせています。

そもそもMakeでRustのコードをコンパイルできるのか、できるとしたらどのような内容になるのか、少しでも情報があれば興味を持てそうなんですが、サクッとググってもネット情報はほぼ皆無です。時間があれば公式サイトを眺めてみます。

プログラミング学習計画 2021年6月改訂版

早くも計画変更です。

Swiftの学習に取り掛かったものの、ネット情報の少なさ、後方互換性の軽視、とどめは最新版XcodeでのmacOSアプリCatalina版製作不可に直面し、ものの数時間で撤退となりました。

そして以前GUIライブラリの導入に失敗したJavaに再挑戦することにしました。IDEはEclipseです。簡単なコードはVScodeを使います。

またしてもGUIライブラリ JavaFXの導入に手こずりましたが、今回はクリアできました。

3度目のJava挑戦、何とかものにしたいです。

濃い色の高さは各言語の習熟度を表しています

プログラミング学習計画 2021年6月版

今後のプログラミング学習について大まかなイメージをまとめました。

自動化についてはPythonとVBAで一通りできるようになりましたが、アプリ製作で停滞しています。

tkinterは使い勝手と作成したGUIの見栄えに不満があり、Swiftを試す方向にシフトします。

またWebに関する知見を広げるためJavaScriptも一通り学ぶ予定です。

並行してC言語のスキルアップを進めます。

4半期くらいの間隔で計画の見直しをしていきたいです。